SEOの第一歩はターゲット読者の決定

Webライティングとは、コンテンツ読者向けの文章作成で、SEOを念頭においた内容を考える事を指します。

一般的なライティングは、テーマを元に内容を書くだけですが、一方のSEOが関わるコンテンツ作成であれば、ターゲット読者を決める必要性が高まります。ターゲット読者の定義は、厳密ではありませんが、基本的にはコンテンツを読んでもらいたい読者層、そしてSEO効果を期待するターゲット像といえます。

具体的なターゲット読者は、作成するコンテンツによって違いますが、最終目的が商品との接触であれば、商品販売のターゲットとターゲット読者の条件を重ねる事が出来ます。

例えば、30代女性向けの商品であれば、ターゲット読者も同様に設定する事が効果的です。30代向けなのに60代を想定してライティングしたり、男性に語りかけるような内容でコンテンツを作る事は、ターゲット読者とは外れた結果に繋がります。
これではSEO効果が上がらないので、読者が増加しないばかりか、コンテンツの価値も高める事は出来なくなります。

ターゲット読者を限定する考え方は、コンテンツを作成する上でも重要な意味を持ちますし、SEOには欠かせない概念として評価されています。
ターゲットを想定しない文章は、一見すると多くの顧客を取り込めると考えがちですが、実際には狙いが定まらずSEO効果も上がりません。

しかし、コンテンツを男女別で分けたり、年齢層を考えて文章作成を行えば、自然にSEOの価値を引き出す事が実現します。
SEOの第一歩はターゲット読者の決定で、目的を踏まえた文章の構築、人を引き付けるライティングを行う事によって、最終的な目標が達成出来るようになります。