ターゲットを意識したオリジナルのコンテンツを

コンテンツ充実のためには、Webライティングが重要となります。読者にとってためになる、誰にでも理解できるような質の良い記事を増やすことは、ひいてはSEOに繋がることになります。

検索サイトは、オリジナル性や有用性を重視する傾向にあります。他のサイトでも頻繁に見られるような、かつ内容の薄い記事では価値が薄いと判断され、記事の検索順位は下降することになります。

反対に、他には無いオリジナリティーに溢れている有用なコンテンツであれば、検索サイトの評価は高くなり、自ずと検索結果の上位へと表示されるようになります。だからこそ、Webサイトを構築する際には、正しいWebライティング技術を身につける必要があります。

ターゲット読者を意識したコンテンツ作りも重要になります。例えば、引越しに関するWebサイトであれば、家具に関する記事についてもアクセスが増えることがあります。これは、引越しを考えている人が引越し後の生活を意識し、家具の記事にも目が行きやすくなっているためです。一見関連性が無いように思える場合でも、実は深く繋がっていることもあるため、ウェブマスターツール等を利用して、どのような検索キーワードで訪れているかなどを、多角的に考察することも時には必要です。

また、訪問者の年齢層も考慮しなければなりません。10代や20代の若年層が訪れるWebサイトであれば、見映えの良いカラーリング構成にし、フランクな文章によるライティングでも問題ありませんが、中高年以上の人が集まるようなWebサイトの場合は、落ち着いたデザインと丁寧語によるライティングが好まれます。

全年齢に対応しているようなWebサイトであれば、丁寧語を使用するのが無難なほか、若者しか訪れないようなページだけ文章を変えるなどの配慮も必要になります。