ターゲット読者に向けて書くから成果が上がる

Webライティングが特に重要視されるようになったのはSEOが注目されるようになってからと言われています。それまでは自分の書きたいことをただ書く、日記のようなブログが多かったのですが、SEOを意識し始めるとターゲットとなる検索サイトやターゲット読者のことを考えて書くことが必要になってきたからです。

検索サイトを意識したSEOではキーワードが重要です。
キーワードは検索サイトで利用される文言であり、ターゲット読者と合わせて検討すると記事を書く際にとても書きやすくなります。コンテンツはあればいいというものではなく、意味のあるコンテンツが適切に配置されていることが大事です。ブログが星の数ほどある時代ですから、意味が無いと思われるとすぐに他へ移ってしまいます。サイトの価値を上げながら記事を増やしていくことが大事なのです。

ターゲット読者については記事を書きやすくする効果の他にもう1つ、SNSに向けた良い効果が期待されています。SNSでは知り合いと繋がる道具ですから同じようなカテゴリの方が多くあつまります。

そのため、1人がいいね、リツイートなどでブログを紹介すると相乗効果で一気にPVが跳ね上がります。また、SNSで好評なブログは検索サイトでの評価も上がると考えられており、SEOにおいてもSNSとの連携が重要であるとうったえる場合が増えています。SNSで良い評価を得るためにはターゲット読者をある程度絞り込むことも大事です。

各年代に平均して評価される記事もありますが、ある程度範囲を絞ることでSNSでの評価が高くなる傾向が強くなっています。以前とくらべてスマートフォンでの視聴が増え、個人ごとの評価が重要であるからこそターゲットの選定はWebライティングの基本とも言えるものとなりました。