Webライティングは雑誌に学べ

Webライティングの基本ですが、それは紙媒体の雑誌や新聞と同様です。
媒体がブログやホームページという新しいメディアになっているものの、ターゲット読者を想定し、彼らにマッチするようにコンテンツを制作するのが基本的な流れとなります。

ライティングを学ぶ上で、参考にしたいのが、各分野の雑誌です。
雑誌とは一見、不特定多数のユーザーに向けて発行されているように思われますが、実際は編集部がかなり細かくターゲット読者を想定し、コアな層に対して、リリースされる媒体になります。

例えば、女性誌一つ取ってみても、複数の雑誌があり、それぞれ10代、20代、30代と世代別に区分けされています。
また20代のキャリアウーマン向けの雑誌もあれば、子育て中の若いママを対象にした雑誌もあり、それぞれで掲載されるコンテンツが違っています。

Webライティングも自分が呼び込みたいユーザーを想定し、そのターゲット読者が検索しそうなフレーズやキーワードを多用して記載するのがコツです。子育て中のママを対象にしたいなら、育児や健康、サプリメントや幼児教育に関するコンテンツをメインに記載すべきです。

反対にキャリアウーマンの女性層を読者にしたいなら、ビジネス情報やマナーに関する雑学、レディースファッションの話題を掲載すれば、効果的なSEO対策となります。

いずれも一般的なわかりやすい言葉でライティングするのが基本ですが、ありきたりな内容を記載するだけでは、ユーザーがタブをすぐに閉じてしまいます。

読者の気を惹くためには、タイトル分にはキャッチーな流行語や俗語を据えましょう。「キャリアウーマンなら知っておきたい、10個のスマホアプリの活用術」等と具体的なターゲット読者層とコンテンツの数字を挙げてSEO対策するタイトル文も効果的です。