新規とリピーター

ターゲット読者を意識してコンテンツ作りを行なう事によって、SEO効果を引き出す事が可能です。

企業サイトやECサイトなどは、集客力アップの為にランディングページを用意して、そのページから実際に訪問して欲しいサイトに誘導する事が多々あります。検索エンジンは、常にアルゴリズムが変更されていますので、そのアルゴリズムを意識して、SEO対策も変更していかなければいけません。

検索エンジンへの最適化では、よく検索されるキーワードを調べておく必要がありますので、アクセス解析ツールなどを使ってキーワードを調べていきます。

得たキーワードは、検索エンジン対策に有効なキーワードであると言えますので、このキーワードを使ってコンテンツを作成していく事になります。コンテンツ内容を充実させていく事によって、検索エンジンのアルゴリズムにマッチしやすくなります。

その分、アクセス数向上が期待出来るでしょう。
ターゲット読者をどの層に設定するのかが重要になってきますが、これは運営しているサイトのテーマによって変わってきます。ECサイトの場合は、販売している商品によってターゲット読者が変わってきますので、商品の性質をよく見極めて、ネットユーザーが興味を抱く内容を作成していくのが良いでしょう。

Webライディングでは、起承転結を意識して書いていった方が読者にもメッセージが伝わりやすいです。内容が充実していて、文章構成が整っている記事であれば、アクセス数が向上すると同時に、リピーターが増加する事も期待出来ます。

リピーターを増やしていく事もWebライディングでは重要な事ですので、常にサイト内の古い記事を残しておくのも良いでしょう。