コンテンツ作成のコスト

ウェブサイトを運営する際にはコンテンツを作成することが必要となりますが、コンテンツが優れていれば良いと言うものではありません。

雑誌などの紙媒体のメディアとは違って、ウェブサイトは多くの情報を掲載することができますから、大量のウェブページを作ったとしても、維持するためのコストはあまりかかりません。しかし、それぞれのコンテンツは全体の中の一部であるという認識は必要です。

SEOのためのものと、ターゲット読者に対して魅力をアピールするものとでは、作成するべきものが異なると考えておかなければならないのです。SEOのためのものであれば、低コストで大量のコンテンツを作成することが求められるでしょう。しかし、ターゲット読者に対して魅力をアピールするためには、ある程度のクオリティが必要となりますから、コストもかけなければなりません。企業がウェブサイトの運営にかけられるコストは有限ですから、限られた資金をできるだけ有効活用するためにコンテンツを考えていかなければならないのです。
できるだけ低いコストで最大の効果を生み出すためには、ウェブサイト全体として有益なものを提供していかなければなりません。例えば、ウェブサイトの別のところに同じような内容のものがあったり、あるいは別のウェブサイトでも知ることができるような情報しかなかったりすると、ターゲット読者は魅力を感じなくなるでしょう。あるいは、ウェブサイトのテーマと関係のないコンテンツがたくさんあれば、ターゲット読者はそこをスルーする可能性は高いです。それらの数があまり多くなければ良いのですが、多くなってくるとコストの割に効果が得られないと言ったことになるリスクは増大します。