Webライティングの最初の一歩は読者設定

SEOのためのコンテンツを作成するときに考えなければならないことが、誰のために作成するのかです。付加価値を与えることによって優れたコンテンツとなるのですが、それが誰に向けたものかを考えることは必要でしょう。

つまり、ターゲット読者を大事にすることが必要となるのです。読者のないメディアは無価値なものだと言えるでしょう。しかし、その読者を最初から確保していることはありません。読者からどのように見られているのかを知ることもできないのです。

ですから、最初のうちは読者を想定することが必要となります。誰が何を求めてそのコンテンツにたどり着くのかを考えなければならないのです。それを無視した場合に、ターゲット読者を失ってしまう可能性があると言えるでしょう。自己満足で作成をしていると、多くのユーザから敬遠されることになるでしょうし、それによって費用対効果も低下していくことが想定されます。

ですから、ターゲット読者となるべきユーザを確保していけるようなコンテンツを作成しなければならないのです。ターゲット読者になる可能性のあるユーザがホームページにアクセスするかどうかはSEO対策などにかかっているわけですが、いくらページビューが優れていても読者に対して付加価値を提供できなければ、すぐに離脱してしまうでしょう。もちろんですが、SEO対策は重要ですが、それだけでは利益に結びつけることは難しいと考えられます。

ユーザが価値のないホームページにアクセスすることはSEO対策によってある程度は作り上げることができるでしょうが、無価値であればただアクセスが増えるだけですから、コストばかりがかかることになります。ターゲット読者を想定して、どのような付加価値を与えられるのかを検討する必要があります。